2013年2月6日水曜日

使えなかったヒラギノフォント…。

Boot CampにインストールしたWindows 7で、Mac OS Xに標準搭載されているヒラギノフォントを使ってしまおうと企んだ。このフォントの美しさはMacユーザーならば誰もが知っていることだろう。
比較するにWindows 7のフォントの汚さは目を覆うばかりである。作業していても、ウェブブラウジングごときのことでも目が疲れてしまう。

多分できるだろうと踏んだのだが、一応念のためググってみた。するとやっぱりトップヒットででてきたのが憧れの“ヒラギノ”フォントをMacからクールにパクッてWindowsで使う方法 | DOMINO EFFECTというブログエントリだった。

Boot Campなので、Macの起動ディスクからのコピーはできる。
Windows 7を起動してエクスプローラーでMacの起動ディスク > ライブラリ > Fontsと開き、ヒラギノを検索する。検索された結果を選択して右クリック、インストールを選択する。

Try Font Install

だが、こんな警告が出てインストールができない。

CantInstall Font

考えられるのはマイクロソフトが、これらのフォントがMac OS Xに標準搭載されているフォントだと気づいたことぐらいである。
ライセンス違反になる行為を防止するためのアップデートが上記ブログエントリが書かれた後に加えられたのだろう。

金のない身にとっては辛いことだが、企みは失敗に終わった。ライセンス違反にならなかったのが、せめてもの救いと言えば救いなのかも知れない…。

0 件のコメント :

コメントを投稿