2013年2月15日金曜日

捨てられないフォントへのこだわり

普段はMac、時々必要な時にBoot CampのWindows 7を起動するという使い方をする人は、どうしてもそれぞれの違いを目の当たりにさせられる。

前々回Mac OS Xに標準搭載されているヒラギノフォントを使おうとして失敗したことを書いたが、どうやらヒラギノフォントを購入したとしても課題が残るらしいことが分かって来た。

Macでは欧文フォント(1バイト文字)、和文フォント(2バイト文字)ともに滑らかな文字表示(アンチエイリアス処理)が行われる*1が、Windowsでは欧文フォントしかアンチエイリアス処理されない*2のだ。

このためWindowsでは和欧フォントが混合していると和文はビットマップ、欧文はアンチエイリアスという、まことに視認性の悪い状態が発生する。

これを解決するのがMacTypeというFreeTypeを応用したソフトウェアである。インストールから使い方まではMacType|蜃気楼の果てブログエントリが詳しいので説明は省くが、Boot Campに限らずWindowsユーザーにもお勧めできるソフトウェアである。騙されたと思って試してみて欲しい。

*1:Macでは指定サイズ以下のフォントはアンチエイリアス処理をしないように選択することもできる。
*2:Windows Vista以降で導入。

0 件のコメント :

コメントを投稿