2013年3月30日土曜日

Retinaディスプレイの壁紙

15.4インチRetinaディスプレイ搭載のMacBook Proを購入して1ヶ月ちょっと経った。本当に美しいディスプレイだ。だが、意外と知られていない事実がある気がする。このディスプレイの解像度は2880ピクセル×1800ピクセルだが、作業領域は従来のMacBook Proと変わらない1440ピクセル×900ピクセルだということだ。

実は、これこそが美しいディスプレイを実現している理由なのだ。Retinaディスプレイでは、システム環境設定で解像度をRetinaディスプレイに最適に設定している場合、従来の1画素は縦横それぞれ2画素、つまり4画素を使って表示される。結果として見かけ上の解像度は144ppiになる。

では、壁紙はどんなサイズを選べば良いのだろう? 壁紙を提供しているサイトにはディスプレイの解像度を表示してくれるものがある。こういうサイトではRetinaディスプレイを搭載したMacBook Proのディスプレイ解像度は1440ピクセル×900ピクセルだと表示される。では、言われる通りで良いかというとそうではない。壁紙サイトにある壁紙は、多くの場合解像度が72dpiだからだ。

勿体ぶっていないで正解を言おう。72dpiの画像であれば144÷72=2なので1440ピクセル×900ピクセルをそれぞれ2倍した2880ピクセル×1800ピクセルの画像が最適である。なければ、それに近いサイズであればあるほど良い。

実はこのことをAppleの自称エキスパートに問い合わせたことがある。ロジックとして割り切れる前で混乱していたためだった。担当者は、ご丁寧にHT5266をググれと指示した。そしてそこにある通り、解像度が2880ピクセル×1800ピクセルだから、そのサイズの壁紙が最適だと言った。しかし、これがエキスパートだから分かったのではないのは後々明らかになる。次回はBoot Camp上のWIndows 7でのRetina DIsplayについて取り上げる。

2014.12.30追記
ただし、2880ピクセル×1800ピクセルのような高解像度画像は滅多に存在しない。筆者の趣味の話になって恐縮だが、日本のグラビアアイドルの画像などは最も大きいものでも2000ピクセルx1600ピクセル程度だ。これ以上のサイズの画像は、合成されているか、画像の再サンプリングによって作り出されたまがい物である。

0 件のコメント :

コメントを投稿