2013年7月20日土曜日

LAME mp3エンコーダーを使う(4)

今までAppleScriptでlameを動かす手順を説明して来たが、コードをすべて説明していたら切りがないので、出来上がったAppleScriptについて書くことにする。

まず、こちらからlameセットV020.zipを入手して欲しい。ダウンロードされたファイルをダブルクリックすると、lameセットV020フォルダが出来るはずだ。*1

lameセットフォルダにはlame Installer.scpt、lame unInstaller.scpt、script unInstaller.scpt、およびscript Installer.scptdという4個のAppleScriptが入っている。それぞれ、次のような役割をする。

  1. lame Installer.scpt
    以前説明したコマンドラインツールlame mp3エンコーダーをインストールする
  2. lame unInstaller.scpt
    lame mp3エンコーダーをアンインストールする
  3. script unInstaller.scpt
    これまで説明して来たiTunesのプレイリストをlame mp3エンコーダーでエンコードするAppleScriptlame Encoder.scptをアンインストールする
  4. script Installer.scptd
    iTunesのプレイリストをlame mp3エンコーダーでエンコードするAppleScriptlame Encoder.scptをインストールする

それぞれのスクリプトをダブルクリックして開くと、AppleScript エディタ.appが起動する。スクリプトは、下の図のようにウインドウ上部の実行ボタンを押すクリックすることで実行できる。

スクリプトの実行方法図
スクリプトの実行方法

スクリプトを実行するとダイアログが表示されはいを選択することで必要な動作が行われる。lame Installer.scptおよびlame unInstaller.scptはコマンドラインツールlame mp3エンコーダーのインストール/アンインストールに管理者権限が必要なので、実行中に次のようなダイアログが表示される。

管理者パスワードの入力要求図
管理者パスワードの入力要求

script Installer.scptによってlame Encoder.scptがインストールされた後にiTunesを起動すると、次のようにiTunesのメニューバーにスクリプトメニューが表示されるようになる。

iTunesメニューバー上に表示されたスクリプトメニュー図
iTunesメニューバー上に表示されたスクリプトメニュー

CDを内蔵/外付けの光学ドライブに挿入、CDDBからタグデータを受信した段階でiTnesのCDプレイリストからエンコードしたい曲を選択、スクリプトメニューからlame Encoderを選択することでエンコードが行える。

lame Encoderによるエンコード方法図
lame Encoderによるエンコード方法

lame Encoder.scptはダイアログを持たない。すべて音声で状況を伝えてくるようになっている。システムの声を「Kyoko」に設定*2すれば、日本語で進捗を伝えてくれるように出来ている。

*1:Safariでは、ファイルは自動的に解凍されるので、ダブルクリックは必要ない。
*2:システムの声をKyokoにする手順はこちらにある。(Mac OS X Lion以降)

更新履歴:
2015.01.17 mp3使用特許問題に発展する恐れがあるため、AppleScriptの配布を停止。
2014.01.24 lame Encoder.scptをアップデート
2013.12.20 lame Encoder.scptをアップデート

0 件のコメント :

コメントを投稿