2015年8月29日土曜日

MacでWindows 10を動かす上で最適な環境は?

問題が解決しないまま、時間が過ぎた。もし筆者が指摘した問題がWindows10にあるとしたら大問題だろう。だが、世間の様子は違う。これは、また筆者がポカをやった証拠ではあるまいか? そう考えて調べた結果、MacTypeが犯人であることが判明した。

Windows10をセーフブートして、msconfigでMicroSoft以外のサービスを止めながら確認した結果、MacTypeが稼働すると、画面点滅が起きた。

ややこしいのは、MacTypeがアップグレード前のOSに入っている時(筆者の場合サービスモードで稼働)のみ、アップグレード後のWindows10で画面点滅や、Windows10が強制再起動するという現象に結びつくことだ。
Windows10をクリーンインストールしたり、アップグレード前にMacTypeをアンインストールしておいて、後からMacTypeを入れる分には、一向に問題はない。

偉そうに入れ替え実験の話まで書いたが、見落としがあった。陳謝する。

Windows 10が出てしばらく経った。筆者も、もはや慣れてはいるものの、まっとうなスタートメニューを体験したくて入れてみた。代表的な仮想環境3種類(Parallels Desktop 11、VirtualBox 5.0、VMWare Fusion 8)と、BootCampだ。

いろいろ試した結果、結論を言うと、MacでWindows 10を動かす上で最適な環境は現在はない。
どの環境もWindows 10対応をうたっている。だが、肝心のWindows 10が重要な問題を含んでいるからだ。 (あくまで個人見解だが)

筆者は、Windowsというのは、Macと全く違い、古いソフトもちゃんと動作する環境だと理解している。少なくとも今までは、ずっとそうだった。だからここに来て急に動作しないソフトが出るのはおかしいのではないかと考えている。

少し前にRetina MacでのVMWare Fusion 7とWindows10というエントリを書いた。このエントリでは、VMWareのディスプレイドライバが問題なのだろうと書いている。

しかし、今は違う。なぜならば、Parallels Desktop 11、VirtualBox 5.0、VMWare Fusion 8の3種類の仮想環境で、問題が発生することが分かったからだ。それだけではない。BootCampも、一つのソフトで同じ問題が発生した。

問題についておさらいしておこう。
筆者が言う問題とは、以下の順に発生する現象を言う。最後まで行くのは運が悪いソフトだ。

  1. アプリケーションの起動時、UAC (User Account Control。例のコンピュータの変更を許可しますか画面だ)が必要ないソフトの起動も、UACがある時と同様に画面が点滅する。(点滅しないケースが珍しい)
  2. アプリケーションの動作(ボタンを押す等の操作の他、画面のアップデート)一つ一つで、UACと同様の点滅。
  3. ディスプレイドライバが適用できないと表示され、Microsoftデフォルトのドライバに切り替わる。(横長画面は4:3になる)
  4. アプリケーションの動作が停止、Windows 10が自動的に再起動

一種類の仮想環境でだけ発生するならば、その仮想環境の問題だと言えるだろう。しかし、すべての仮想環境で発生する上、BootCampでも発生するとなると話は別である。

昔勤めていた会社で入れ替え実験をやった。機械を構成するどのユニットに問題が付いてくるのかを調べたものだった。そこからすると、これはWindows 10に問題が付いてくるケースだ。

Windows 10の見た目はWindows 8/8.1に比べて良くなった。だが、Windows 8/8.1を超える失敗でないことを早くMicrosoftが証明してくれることを切に望む。

最後に環境としてのどんぐりの背比べについて書く
VirtualBoxは無料なだけあって限界がある、Parallels Desktop 11は、Windows 10で、共有したHFS+ハードディスクの容量計算が間違っていた。そして、Windows 8.1に戻しても、ImgBurnが途中で応答がなくなった。BootCampは相変わらず字が小さいし、操作がセンシティブ、つまりボタンを押すにしても、反応する場所が仮想環境に比べてピンポイントが狭い。
結論として、浮気する前に使っていたVMWare Fusionが一番良かったという話になってしまった。ヘ(´-`)ヘである。

2015年8月15日土曜日

Mackeeper Blocker

本ブログで最も読まれている記事はMacKeeperは必要ない!!である。2年以上前に書いたものだが、それだけ、MacKeeperが邪魔だと感じる人が多いのだろう。

AppleちゃんねるさんがMackeeper BlockerというRubyスクリプトプログラムを紹介している。関連するヒット記事を持つ関係上、当ブログでも使い方を転載することにする。

  1. Mackeeper Blockerの導入
    ターミナル.appで次のコマンドを実行する。

    git clone https://github.com/avatsaev/mackeeper_blocker.git
    

    この作業では、git cloneというコマンドでターミナル.appが開いた時のディレクトリにmackeeper_blockerをコピー(クローン)している。通常ターミナル.appはホームディレクトリを起点に開くはずなので、ホームディレクトリにmackeeper_blockerというフォルダができる。

  2. Mackeeper Blockerの使い方
    上記git cloneをしたそのまま間の状態で、ターミナル.appで次のコマンドを実行する。

    cd mackeeper_blocker
    ./mackeeper_blocker
    
  3. 作業が終了したら、(通常は)ホームディレクトリにあるmackeeper_blockerというフォルダは削除して構わない。

Appleちゃんねるさんの説明にある通り、このRubyスクリプトプログラムは/etc/hostsというファイルに、通信を拒否するエントリを追加しているだけである。(/etc/hostsのアクセスは管理者権限がいる)
怪しいところは何もないので、安心して使ってみて欲しい。

2015年8月7日金曜日

Retina MacでのVMWare Fusion 7とWindows10

Retinaディスプレイを持つMac、筆者の場合はMacBook Pro Early 2013だが、これにVMWare Fusion7を使ってWindows10をインストールするのは、(少なくとも今は)止めたほうが良い。

筆者はVMWare Fusion7最新版(7.1.2)を使っている。WIndows10のリリースが近づいた頃から、ゲストOSであるWindows8.1のタスクバー右端にWIndows10をガイドする表示(Get Windows X。以下GWXと略)が出るようになった。
ところが、リリース直前に見るとディスプレイの互換性がないのでインストールできないと表示されていた。

ここでGWXは公式情報だと考えなかったのが失敗であった。ググってみるとVMWare Fusion7であればWIndows10(プレビュー版)が問題なく動いたという(素人の)報告が結構見つかった。

そこで、MicroSoftがディスクイメージでWindows10を配布し始めたのを、いち早くダウンロード、ディスクイメージをMacでマウントして中身をWIndows8.1から参照する方法でWindows10をインストールした。

まさかとは思ったが、この方法で、ちゃんとWindows8.1を上書きする形でWindows10はインストールできた。

だが、すぐに異常が見つかった。アプリケーションの起動を始めとする操作ひとつひとつで、画面が一時的に真っ黒になり、また戻るのだ。
それだけではない。そのまま使い続けると、画面の縦横比(アスペクトレシオ)が4.3になってしまうのだ。WIndows10は、ディスプレイドライバの互換性がないので標準ディスプレイドライバで動かしていると警告していた。

まぁ使えなくはないと言えば、確かに使えなくはない。だが、筆者はダメだと判断した。なるほど、当初GWXが表示していた警告は正しかったのだ。

今後、VMWareがディスプレイドライバをアップデートするなどの対応をすれば、無事使えるようにはなるだろう。だが、それまでは、我慢してWindows8.1を使ったほうが良さそうだ。

2015.08.12追記
Retina Displayに限らず、VMWare SVGA 3DディスプレイドライバがWindows 10に対応していないことを確認した。確かに、MacBook AirでもRetinaほどではないが、おかしな動作はした。

2015.08.15追記
VMWare SVGA 3Dディスプレイドライバについて、VMWareより公式見解が出ている。
これを受けて筆者も再度Windows10をインストールし直した。だが、画面が一時的に真っ黒になる現象、縦横比(アスペクトレシオ)が4.3になる現象は、特に共有フォルダアクセスで相変わらず発生する。
縦横比は再起動で直るが、果たしてこれで、公式見解にある通り、ドライバが対応していると言えるのかは甚だ疑問だ。
ちなみに、本日時点ではWindows8.1には戻していない。しばらく使い込んでみようと考えている。

2015.08.29追記
問題はVMWareのディスプレイドライバではないことが判明した。こちらでそれについて述べている。