2015年9月26日土曜日

El Capitan OS X 10.11.1 (15B17c)のMailでPOPアカウントを作る

以前、MailでPOPアカウントを作る方法を書いた。画像は古くなっているが、Yosemiteまでは、Option (alt)キーを押すことで、POPサーバーが選べた。

El Capitan OS X 10.11.1 (15B17c)は、Option (alt)キーが効かなくなった。今時、POPでメールを使うなんてありえないとAppleは考えたらしい。

だが、過小とはいえ、需要はまだあるのだ。例えばYahoo! Japanである。筆者が捨てアド感覚で作ったアカウントには、今でも1日当たり十数通のバルクメールが来る。
IMAPにすると、バルクメールが入ったメールボックスがMail.app側にも反映され、これを削除、非表示にはできない。POPならば、このメールを目にすることはない。

トライアンドエラーの結果、El Capitan Beta(15B17c)でも、POPアカウントを作ることはできた。キーワードはわざと間違うである。

  1. Mail.app側でもシステム環境設定のインターネットアカウント側でもどちらでも良い。始めにその他のメールアカウントを選ぶ。
  2. メールアドレスを入力するところを、敢えてYahoo!のアカウントを入れる。
  3. アカウント名またはパスワードを確認できませんというメッセージが書かれた、POP/IMAPを選択できる画面が表示される。
  4. 空欄を適切に埋めてサインインボタンを押せば、一丁上がりである。

問題の根本的な解決は、POPを使うことではないのは分かっている。

  • 汚れたアドレスの使用をやめる
  • 他にもバルクが来ているに違いないYahoo! Japan側のメールボックス構造を変えてもらう
  • Apple Mail側で非表示にできるようにする

難易度が低い順に書いてみた。のち検討する。

0 件のコメント :

コメントを投稿