2016年1月20日水曜日

MEGA (http://mega.co.nz)のChrome拡張機能によるスリープ抑制

MEGA (http://mega.co.nz) は、オンラインストレージの一つだ。これにはブラウザ拡張機能が用意されているのだが、この拡張機能が動作すると、珍妙な形でスリープが抑制されることが分かったので、メモしておく。

スリープ抑制の状態は、次のコマンドで調べることができる。

pmset -g assertions

図にある通り、coreaudiodがpid 395のために、スリープ抑制を行っているのが分かる。

pidからプロセスの名前を得るのは、アクティビティモニタで確認するのが簡単だが、次のコマンドで調べることができる。

lsof +c 0 -p 395 | head -n 2

図から分かる通り、pid 395はGoogle Chromeだ。
だが、この議論でrobin051氏が、スリープを抑制しているのはGoogle Chrome自身ではなくプラグインであることが多いと書いている通りで、これは、MEGAのブラウザ拡張機能のことである。

coreaudiodというMEGAとは全く関係ないと思われるものを使っている辺り、まことに珍妙な仕掛けである。

本稿は、Macがスリープしない理由を調査していて分かったことを逆順に書いている。さも分かっていたように書いているがMEGAが犯人とわかってホッとしてるというのが実態である。